書評

書評

『教誨』 〜柚月裕子〜 (小学館)

「憤り」と「哀しみ」それが読後の素直な感想です。 何とも言い難い、やり切れない話。 あの事件がモチーフなのかな?と思うお話です。 寒くて閉塞的な田舎のドロリとした人間関係とか、絶妙に描かれています。 息苦しくなる場面が多々あるのですが...
書評

『異世界失格』

異世界失格 超絶!生きる気力の無い男が異世界に転生し、思いがけず大活躍。 堕落、刹那、退廃…あらゆるネガティブワードと異世界の掛け合わせ。 吉と出るか凶と出るか? (今の所、吉?) 先日、アニメ化の発表がされた...
書評

『僕が死ぬだけの百物語』(1)(サンデーうぇぶりコミックス)

僕が死ぬだけの百物語 ebookjapanで1巻無料だったので読んで見ました。 現代版「百物語」といったところか。 語り手の坊やは生身の人間なのか? 話しかけている相手は生身の人間なのか? 坊やは何に怯えている...
タイトルとURLをコピーしました